相続の資格の必要性

行政書士・税理士などだからといって、相続業務ができるどぁけではい。相続の手続や蔵族の税の申告ができる認可があるだけです。もちろん、円満相続遺言支援士は、相続業務が強化されるわけではない。相談業務などを営利目的で行うこともできません。ですが、保険屋さんが、相続対策に役立つ保険を販売する時、相続の正しい知識や遺言書などの法律的な効力を知っていれば、相続で家族崩壊するような争いは少なくなるのではないでしょうか?

人間関係から発生する相続トラブルを防ぐには?

相続トラブルのもとの多くが人間関係のトラブルから始まる。親子や兄弟間でこのトラブルは始まる。民法上の相続の法律に対して対策するのではなく、良好な家族の絆を保つ方法を知っていれば、その他ラブルは発生しません。そんなことを円満相続遺言支援士は、学ぶことができます。全国相続協会相続支援センターのバックアップで、全国相続協会が認定する支援士こそ、質の高い業務を行い社会の人々を幸せにできる相続業務の資格ではないでしょうか?