保険ファイナンシャルやファイナンシャ業に相続遺言支援士資格が必要なワケ

保険商品は、大きく分けると2つの商品形態になります。それは、標準化された商品とそうでない商品です。標準化とは、誰でもその商品の内容が理解できる商品で、大まかには、どこの保険会社でも販売している商品のことです。つまり、これらの標準化した商品はネットでも簡単に購入することができ、それほど難しい商品知識を必要としません。そして、標準化されていない商品とは、相続関連の商品のようにお客様の状況により、商品知識や相続の知識が必要になる商品です。そして、それを販売するのは、人と人により行われ複雑な商品になります。ですから、相続遺言支援士資格を持っていると、そうでないとの差が他者と生じます。

保険業ファイナンシャル

標準化されていない保険商品を販売する時に必要な相続遺言支援士資格

人は、標準化されていない商品を購入するときには、専門家を頼ります。そして、その専門家をアピールできるのが、相続の争い防止などの知識を持った円満相続遺言支援士資格です。

記事:マーケティングコンサルティングTTCO&ATF