相続協会認定の資格とは?

相続で悩み事を抱える市民からの要請を受け、悩み事を解決できる専門家を探し、その専門家の存在を、市民に伝える資格です。

また、遺言書の普及に尽力することで、現在よりもさらに円満な家族のあり方を提案し、併せて地域社会の発展に貢献する資格です。
このように利他の精神で社会貢献活動を推進することは、市民から良い心証を得られますから、資格者の持つ本来の仕事も順調に発展することでしょう。

この事を、元TKC全国会会長をされた飯塚毅先生は「自利利他」といいました。
円満相続遺言支援士には自利利他の精神が求められています。