円満相続遺言支援士受験要項ご案内

相続争いは、家族間における人間関係の歪みから生じます。親が生きている間は兄弟姉妹間に不満があっても押さえられますが、親の死によってその不満が表面化すると、相続争いに発展するケースを多く見受けられます。多くの相続争いの原因は人間関係だと私たちは考えます。家族の絆を深め、人間関係を修復することで相続争いを抑えることができます。
親は自分の想いを子に伝えることで円満な相続が実現します。親の意思を子に伝える手段として遺言書があります。遺言書の普及で円満な相続が実現しますと健全な社会の構築にも貢献します。当事者間では解決しにくい問題も、遺言書を書くことで解決できます。

一般社団法人全国相続協会相続支援センターは、全国の著名な先生方のご指導を頂き、遺言書の普及により家族の絆を深める社会運動を展開して参りました。
このたび、一般社団法人全国相続協会では、健全な社会の構築にさらに寄与する仕組み作りの一環として、相続における円満な人間関係をコーディネートする人材の育成を目的とした「円満相続遺言支援士」資格制度を一般社団法人全国相続協会が創設することとしました。

受験料及び試験の概略は下記の通りです

1.資格認定試験内容

受験料  21,600円(消費税込)
(基本テキスト、受験料、資格認定カード、資格認定料含む)
(年間会費なし(期間限定)・2年ごと資格更新料10,800円(消費税込))
※料金の振込手数料は受験者負担
●試験の範囲 :円満相続の概要、士業者の業務範囲に関する条文、相続税法.民法、他
●試  験 :試験問題60問(48問以上の正解で合格)

2.受験料

受験者

受験料

備 考 

円満相続遺言支援士受験者 21,600円
(消費税込)
受験料はクレジットカード、または銀行振込にてお支払いください。
※銀行からの振込の方は、受験料や更新料の振込手数料は各自ご負担ください。
※不合格の場合の再試験は1,400円(消費税込)がかかります。
※銀行振込の方はお申込み後、14営業日以内にご入金の確認ができない場合、お申込みデータは自動削除されます。
入金期限を過ぎてしまった場合には、再申込みをお願いいたします。

受験の流れについて詳しくはこちらから»

受験申込みはこちらから »