家族の絆を強め相続争いを防ぎませんか

相続争いは財産争いではありません 相続争いの大きな原因は、「誰が介護をしたかしないか」「他の兄弟は私を認めてくれない」「話を聞こうとしない」といった兄弟間の人間関係の歪みがほとんどです。 親が生きている間はお互いに不満があっても、親の親権でその不満が抑えられています。ところが、親が死亡すると今までの不満が表面化して相続争いに発展します。この人間関係の歪みが不満となって憎悪に発展した時、最期の勝負として表面化したものです。 このたび一般社団法人全国相続協会は「円満相続遺言支援士」資格制度を創設いたしました。この資格が日本の社会を変えるきっかけになれば幸いです。

保険パーソンへ

保険パーソンへ
時代に対応した保険パーソンに 現在、スマートフォンの普及や情報化・テクノロジーの進歩により、標準化した保険商品はネット販売されます。しかし、相続系の商品やお客様に合った複雑な商品を販売には、商品知識・相続などの知識が必要になります。また、何よりも販売成績を伸ばすには、保険商品のみならず、自分の商品をお客様に売りつけるというイメージを消し去ることです。まず、心の底から、「お客様を幸せにしたい!」・「喜んで欲しい!」と思うことです。であれば、商品知識や相続の法律などを学んでいる保険パーソンにお客様は惹きつけられます。 相続を学んだだけでは、お客様を引き寄せることは出来ません。「お客様を幸せにしたい!」・「喜んで欲しい!」と思えること、あなたの知識がお客様に商品を売り込むことなく、お客様を魔法のようにあなたに保険商品について、「お話が聞きたい!」と感じます。これが、現在の保険パー...

より豊かな社会の創造は、円満な相続で満ち溢れている社会

より豊かな社会の創造は、円満な相続で満ち溢れている社会
円満な相続で、残された人達が幸せな生活を 争ういのない、トラブルのない相続は家族の絆を保ち、希望のある社会を創造します。端から見ると醜い相続争いも、当事者たちには尊厳を掛けた争いなのですが、元を辿れれば、過去の小さなことで、その時に対応しておけば、家族の絆を崩壊するような事件に発生することはありません。一般社団法人全酷相続協会では、円満相続遺言支援士の認定制度により、相続トラブル予防策や相続の正しい知識を学んでいただくことで、保険業・不動産業・金融業に携わる方のビジネスチャンスを広げるだけでなく、家族の絆が保てる社会の創造に力添えいただければと考えております。

何故、保険業に相続遺言支援士資格が必要なのか?

何故、保険業に相続遺言支援士資格が必要なのか?
保険ファイナンシャルやファイナンシャ業に相続遺言支援士資格が必要なワケ 保険商品は、大きく分けると2つの商品形態になります。それは、標準化された商品とそうでない商品です。標準化とは、誰でもその商品の内容が理解できる商品で、大まかには、どこの保険会社でも販売している商品のことです。つまり、これらの標準化した商品はネットでも簡単に購入することができ、それほど難しい商品知識を必要としません。そして、標準化されていない商品とは、相続関連の商品のようにお客様の状況により、商品知識や相続の知識が必要になる商品です。そして、それを販売するのは、人と人により行われ複雑な商品になります。ですから、相続遺言支援士資格を持っていると、そうでないとの差が他者と生じます。 標準化されていない保険商品を販売する時に必要な相続遺言支援士資格 人は、標準化されていない商品を購入するときには、専門家を頼り...

多くの人々のレガシーを残すお手伝いと幸せ創造が私たちの仕事です。

多くの人々のレガシーを残すお手伝いと幸せ創造が私たちの仕事です。
レガシーを残すためのお手伝いと幸せを想像できる仕事 東芝・てるみくらぶと信じられない経営者の怠慢ぶりが報じられています。また、ベトナム人のお子さんの悲惨な事件。人間はいつまでもこのような現実を抱えて生きていくのでしょうか?そんな世の中で、ひたすら家族のために生きた人が亡くなり、その家族が相続のトラブルで残された家族が不幸になっていくのをうんざりするほど私たち士業者は目のあたりにしてきました。 レガシーを残するお手伝いとは? 私たち士業者に相続相談者が訪れるときには、すでに癌で言えば、手のつけられない状況の方が多く見受けられます。そして、「もう少し前に適切なアドバイスを与えられたら?」、このように悔やむことが多くあります。多くの相続対策の現場に携わるのは、保険会社外交員や銀行の営業担当社ではないでしょうか?素晴らしい相続関連商品を有しいていても相続の知識がないと、お客様にレ...

一つ上の相続ビジネスを

一つ上の相続ビジネスを
社会のために、人々を幸せにする相続ビジネスを 相続の手続きを行う士業も、実際に関わる相続相談人や相続業務依頼人の幸せを創造する業であります。この意識を高くもっているのが、全国相続協会相続支援センターの会員士業です。しかし、多くの案件が、相続の基本的知識が不足しているばかりに不幸な相続の強いられているケースが多々見受けられます。この状態を打開できるのは、実際に一般の方々と触れ合うことの出来る保険業の方であったり、不動産業などの方です。そんな方々に家族の絆を保つスムーズで安心できる相続対策・相続手続きに導いていただきたいのです。 ただし相続の導きをする相続ビジネスの伝道師たちが、この円満相続遺言支援士となります。 あなたもお客様から喜ばれる、そして、信頼される相続に関わる業務を行ってみませんか?

相続業務の資格、何故必要なのか?

相続業務の資格、何故必要なのか?
相続の資格の必要性 行政書士・税理士などだからといって、相続業務ができるどぁけではい。相続の手続や蔵族の税の申告ができる認可があるだけです。もちろん、円満相続遺言支援士は、相続業務が強化されるわけではない。相談業務などを営利目的で行うこともできません。ですが、保険屋さんが、相続対策に役立つ保険を販売する時、相続の正しい知識や遺言書などの法律的な効力を知っていれば、相続で家族崩壊するような争いは少なくなるのではないでしょうか? 人間関係から発生する相続トラブルを防ぐには? 相続トラブルのもとの多くが人間関係のトラブルから始まる。親子や兄弟間でこのトラブルは始まる。民法上の相続の法律に対して対策するのではなく、良好な家族の絆を保つ方法を知っていれば、その他ラブルは発生しません。そんなことを円満相続遺言支援士は、学ぶことができます。全国相続協会相続支援センターのバックアップで、...

相続資格:保険業に携わる方のための

相続資格:保険業に携わる方のための
相続資格は保険業の方のビジネスに最大の効果を発揮します 相続対策に役立つ保険商品が沢山あります。しかし、販売するためには正しい相続の知識が必要になります。その知識と相続資格を持っていることで、営業の巾や質が変わってくるのではないでしょうか? 相続資格は認定だけではありません 全国の相続専門の士業がバックアップしてくれる円満相続遺言支援士では、資格取得後も相続に関する最新の情報や法規の解説など、日々相続のことを学んでいただけるサービスが沢山あります。これも多くの方に相続の知識を持っていただき、相続で家族などが争うことのない社会にしたいという協会の願から行われているものです。 相続資格はネットで完結します。 パソコンから試験を受けていただくと、認定カードと認定書があ送られます。この認定資格により、保険業の方のみならず、相続人関連するビジネスの方の業務の質を高めていただき...

あの時、相続の資格があったなら?

あの時、相続の資格があったなら?
父親の借金で10年以上の返済生活 父が亡くなり、3ヶ月がたった夜のことでした。母と夕食を食べている時に突然、我が家に訪問者がありました。訪問者の話を聞くと父がその方に3000万円の借金のあり、その借用書の公正証書を見せられました。母は、やっと父の死から立ち直りかけていた頃です。そして、長男である私は、母と私たち兄弟で得た相続を現金化し返済しましたが、返済額には、約2000万円程度不足していました。私は結婚前提とする交際相手がおりましたが、結婚もできず、20歳代後半から30歳代前半の人生を父の借金の返済にあてるための日々を送りました。 後で知った相続の法律 借金返済後知ったことですが、相続放棄という民法の法律があり、相続発生後(被相続人の死亡をした日)から3ヶ月以内に家庭裁判所に手続きすれば、相続放棄が出来るということです。また、3ヶ月を過ぎてもそうとなあ理由が認められれば...

相続に関する学び

相続に関する学び
円満相続遺言支援士は、相続の学び資格 全国の200名以上の相続専門家の行政書士・税理士・司法書士などがバックアップする円満相続遺言支援士は、行政書士・税理士・司法書士などの事務所で働く無資格者のための資格でもあります。相続に関する相談をスムーズに事務所の始業にナビゲートできます。士業でなくても、士業の事務所にお努めなら是非、この資格を取得してください。 資格を証明するカードや縦が、士業の事務所に新しい風が吹きます。 全国相続協会は、円満相続により家族の絆が保てる日本の社会になるように、円満相続遺言支援士を格調のある資格としてまいります。